ピルの副作用の体重増加とは

ピルの副作用の体重増加とは

ピルは、経口避妊薬です。

避妊具を使う避妊よりも効果は高く、99%以上の成功率だとも言われています。

ピルによって高い避妊効果が得られる理由は、ピルが女性ホルモンを主成分としているからです。

エストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンを経口摂取することで、それらのホルモンの分泌を抑えます。

そして、ピルの服用によって、排卵が起こらないようにします。

一方で、ホルモン製剤のため、人によっては様々な副作用が生じることがあります。

体重増加もそのひとつです。

エストロゲンは、腎臓から体内の塩分が排泄されるのを抑える働きがあります。

これにより、体内にナトリウムが蓄積されてしまうのです。

蓄積されたナトリウムが水分を吸収してしまうため、体内に水分が溜まります。

すると、下半身や顔にむくみが生じ、その分だけ体重が増えてしまいます。

加えて、プロゲステロンには食欲を増加させる作用もあります。

体重増加はこういった理由から生じると考えられているのです。

ピル副作用の体重増加の対処法

ピルを飲み始めて太ってしまっても、飲まなくなることで元に戻ります。

また、摂取することで体重が増加してしまう理由には、ピルの主成分であるホルモンに食欲増進作用があることです。

それをコントロールできれば、体重増加は防ぐことが可能です。

コントロールできるかが重要なポイントです。

ピルの服用中は、体がむくみやすく、太りやすい状態となっています。

そのため、暴飲暴食をしないようしっかりと自己管理を行ってください。

特に飲みはじめてすぐは副作用が出やすいです。

その変化に対応するまでに時間がかかるかもしれません。

しかし、飲み慣れると食欲のコントロールができます。

それでも副作用に悩まされている場合は、ピルの種類を変えることを検討してみるのも良いでしょう。

現在では様々なピルの種類があります。

医師と相談し、自分の体調や体に合ったピルを選択しましょう。

違うものを使用したら副作用も治まったという方も多くいます。

タイトルとURLをコピーしました