ピルの副作用の頭痛とは

ピルの副作用の頭痛とは

ピルの副作用のひとつに、頭痛があります。

頭痛は、飲み始めた頃によく起こります。

ピルを服用して、ホルモンバランスが崩れることによって発生するのです。

主な症状は、脈を打つように頭が痛むというものが多いと言われています。

頭痛は、卵胞ホルモンの量が減少する時に生じやすいです。

そのため、ピルの服用周期のうち、休薬期間中に多く見られます。

原因は、頭部の血管が拡張することです。

ピルを服用すると、ホルモンバランスが外部から影響を受けます。

そのため、ホルモンバランスが崩れて、頭痛や吐き気、嘔吐などが生じてしまうこともあるのです。

どのような副作用が生じるかは、人によって異なります。

副作用は、特に薬の成分に慣れていない間に起こります。

副作用の多くは、服用しているうちに出てこなくなります。

日常生活に支障が出るくらい副作用がひどければ、無理に服用せず、医師に相談してみましょう。

ピルで起こる副作用の頭痛の対処法

ピルの副作用による頭痛の対処方法は、対症療法しかありません。

基本的に、ピルの副作用は、ホルモンバランスの変化によって発生します。

卵胞ホルモンと黄体ホルモンのバランスが通常とは変わることで、生じるのです。

また、もともと頭痛症状に悩まされている人は、ピルの服用によって頭痛を悪化させる危険があります。

使用する前に医師と相談した上で、安全に利用できるのか判断を仰ぎましょう。

頭痛に関する副作用の対処法は「ピルの種類を変える」「頭痛薬を使用する」の2つの方法があります。

ピルの種類には3相性というものがあり、このタイプであれば、ホルモン量が2段階で変化するようになっています。

緩やかに身体の中のホルモンが変化していくため、副作用が出にくいです。

副作用の多くは急激なホルモンバランスの変化によって引き起こされますから、3相性ピルを使えば副作用のリスクを下げることができます。

頭痛が発生した場合には頭痛薬を使用しても問題ありません、

ただし、痛み止めにも副作用があり、身体にあったものを選ぶ必要があります。

タイトルとURLをコピーしました