ピルの副作用の吐き気とは

ピルの副作用の吐き気とは

ピルの服用を開始すると、「吐き気」が生じやすいと言われています。

ピルを飲み始めてからの1か月間は、およそ3割の人が吐き気を感じています。

吐き気は、ピルの副作用の代表的な症状と言えるでしょう。

吐き気を感じたことがあるという人は3割にのぼると言われています。

ピルの副作用で吐き気が生じやすい理由は、ホルモンバランスの乱れです。

ピルには、プロゲステロンとエストロゲンが含まれています。

プロゲステロンとエストロゲンは、女性ホルモンの1つです。

プロゲステロンとエストロゲンを外部から補充することで、体内のホルモンの比重が従来と大きく変わり、ホルモンバランスが崩れるのです。

吐き気は、人為的にホルモンバランスを変えることで生じます。

しかし、多くの場合は、3ヶ月ほど服用を続けると、吐き気等の諸症状は治まります。

もし、飲み続けてもその辛さが続く場合は、服用をやめて、医師に相談しましょう。

ピルで起こる副作用の吐き気の対処法

ピルは、プロゲステロンとエストロゲンの2種類から構成されています。

プロゲステロンとエストロゲンを外部から補充することで、体内のホルモンの比重が変わります。

それが吐き気の原因なのです。

吐き気の対処法は、夕食後や、寝る前などにピルを服用することです。

夕食後や寝る前であれば、吐き気が多少収まります。

また、あまり気にしすぎないという点も大切です。

副作用を心配しすぎると、その精神的な影響で吐き気を感じやすくなります。

もし、吐き気があまりにもひどく、到底我慢できるものではないという場合は、ピルを変えることをおすすめします。

ピルの吐き気は、エストロゲンが影響しています。

エストロゲンの配合量が少ないピルを選ぶと、吐き気が解消されることが多いです。

無理をせず、辛いと感じたら医師に相談するのが良いでしょう。

無理のない範囲で上手にピルを活用するようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました